女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

最近は、男性に限らず髪の悩みで困っている女性も増えています。その中で、ヘアケア製品も数多く開発されています。育毛剤には男性用と女性用とがあり、性質はそれぞれ異なっています。女性でも育毛を志す人が増えており、女性専用の育毛剤の需要も高まっています。

女性用の育毛剤と、男性用の育毛剤との違いは、アルコールの使用量にあります。女性用育毛剤には頭皮の保湿にウエイトが置かれていることに対し、男性用育毛剤では頭皮にこびりついた老廃物や余分な皮脂を洗い流すことに力点が置かれているため、成分に差があります。

また、男性の脱毛はホルモンが主な原因とされますが、女性は外部的な要素も含めホルモン以外の原因が考えられます。女性の使う育毛剤にはホルモンに関わる成分は少ないですが、男性の使う育毛剤には男性ホルモンの働きを抑える成分が必要です。

一方で女性用育毛剤には、加齢によって不足した栄養素を補うものや、乾燥に強い地肌を作る為の保湿成分が含まれている製品が多いので、やはり男性の頭皮には不向きと言えます。

それ以外にも、男性用と女性用の育毛剤は匂いや使った感覚も違いますので、できれば異性用は使わない方がいいでしょう。なおプロペシア、別名フィナステリドは男性専用ですので、女性および小児は使用できません。妊婦さんは特に気をつけて、触らないようにしましょう。

もしも妊娠中で、お腹の中の子供が男の子だった場合、経口や皮膚吸収で体内にプロペシアが取り入れられると、胎児の生殖器に悪影響があることがありますので、容器の破片にも触ってはいけません。その点、女性用の育毛剤には、当然ながら女性に危険な成分は用いられておりませんので、安心して使用できます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。